Features and Strategy投資法人の特徴

  1. トップページ
  2. 投資法人の特徴

本投資法人の特徴

①安定性の高い「住宅特化型」私募リート
賃料の変動が小さい「賃貸住宅」の特徴と投資口価格の変動が小さい「私募リート」の特徴を組み合わせ、
安定性の高い「住宅特化型」私募リートから長期的かつ安定的な収益の獲得を目指します
主要な投資エリアは、東京圏比率を一定程度確保しつつ(40%以上)、テナント需要が安定している五大都市圏(80%以上)とし、
エリア分散による賃料収入の安定化を図ります
五大都市圏とは、東京圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)、大阪圏(大阪市及びその近郊)、名古屋圏(名古屋市及びその近郊)、
福岡圏(福岡市及びその近郊)、札幌圏(札幌市及びその近郊)をいいます
②みずほフィナンシャルグループのスポンサーシップ
本投資法人の安定的な基盤の構築と持続性ある成長を目指し、スポンサーであるみずほ信託銀行からの各種サポートを軸にみずほフィナンシャルグループが持つ機能を最大限に活用します
③資産運用会社及び各サポート会社
資産運用会社、みずほリアルティOne(MONE)及びみずほ不動産投資顧問(MREM)(両社を「サポート会社」といいます。)が累積で1兆円超の不動産投資とファンド運用を通じて築いてきた情報網やブリッジファンド等の「機動性」と「柔軟性」を活かした物件取得手法のアレンジメント機能を最大限に活用します
上場リート(Oneリート投資法人)を運用する資産運用会社のアセットマネジメント・ノウハウや、各サポート会社のファシリティマネジメント・ノウハウを最大限に活用します

住宅特化型私募リートの特徴

賃貸住宅賃料の安定性 私募リート投資口価格の安定性
賃貸住宅の賃料は、他のアセットタイプと比較して景気変動の影響を受けにくく、安定的に推移すると考えられます
上場リートの投資口価格は、証券市場の変動と連動して、大きな変動を示すことがあります
私募リートの投資口価格は、鑑定評価額をベースとした基準価格(一口当たりNAV※)となるため、上場リートと比較して価格変動が小さいと考えられます
※投資法人の純資産に含み損益を反映させた時価ベースの純資産額

「住宅特化型」私募リートの特徴を活かして、長期的な安定収益の確保を図ります

みずほフィナンシャルグループによるサポートと資産運用会社及び各サポート会社の総合力の活用

みずほフィナンシャルグループのみずほ信託銀行が本投資法人のスポンサーとして資産運用会社及び各サポート会社が本投資法人のサポート会社として、本投資法人の安定的な基盤の構築と持続的な成長を多方面からサポートします

みずほフィナンシャルグループによるサポート

このページの先頭へ